私 の 夏 休 み

普 通 車 A T 短 期 コ ー ス
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初めての運転 | main | 一段階。学科終了! >>

昨日の分。遅れてすみません。

0


    こんばんは。
    昨日は更新できませんでした。申し訳ありません。
    仮免許の試験が近いので最近はテスト勉強に追われています。汗


    昨日は 学科3 → 学科10 → AT → 学科5 → 学科6 → AT でした。


    学科3は「標識・標示などに従うこと」
    標識とは交通規制などを示す標示板のこと。
    標示とはペイントや道路びょうなどによって路面に示された線や記号、文字のこと。
    標識や標示は例えテストに出ないものでも
    実際に一般道路などを運転する際に必要となるものなので
    一通り覚えておけば間違いないかと。
    一応、自分で作った単語帳もあります。



    規制標識の数、半端ないです。
    ですが、まぁ・・・そこまで難しくはないかと・・・思います・・・。
    断言はしません。テストで間違った時に恥をかくので。


    学科10は「運転免許制度・反則通告制度」
    仮免許による練習は次のいずれかの人を乗せて練習しなければならない。
    1、指定自動車教習所の教習指導員
    2、その車を運転することのできる第一種免許を3年以上受けている人
    3、その車を運転することのできる第二種免許を受けている人


    ATは女性の指導員の方でした。
    やはりまだ曲がり角が上手く出来ません。
    ハンドルを回し過ぎだと言われてしまいました。


    学科5は「緊急自動車などの優先、交差点などの通行・踏切」
    緊急自動車は一秒でも早く道を譲りましょう!
    時には人の命に関わることなので。
    仮免許を取得して一般道路を走るようになると、
    緊急自動車と出会うことが多いそうです。


    学科6は「安全な速度と車間距離、オートマチック車の運転」
    ここでは停止距離というものを習いました。
    空想距離(運転手が危険を感じてからブレーキをかけ、
         ブレーキが実際にきき始めるまでの間に車が走る距離)
    制動距離(ブレーキがきき始めてから停止するまでの間に車が走る距離)
    以上の二つを合わせて停止距離というそうです。


    ATは男性の指導員の方でした。
    坂道と下り坂をやりました。。
    坂道を上っている最中で停止し、そこから発進する方法など。
    坂道も下り坂も怖かったです・・・。



    ここまでが8月17日にやったことです。
    最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。









    教習 | permalink | comments(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode